<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.01 Monday *** - / / - / -


「父と娘:父親が知っておくべき10の大事なこと」
JUGEMテーマ:洋書多読




1.タイトル
―――――――
Strong Fathers, Strong Daughters:
10 Secrets Every Father Should Know
(父と娘:父親が知っておくべき10の大事なこと【拙訳】)
  
  
2.概要
―――――――
20年以上も少女や家族をカウンセリングした結果、
少女にとっていちばん大事なのは父親だと著者は言います。
しかも保守的な価値観を持った父親がいい、と。
父親との関係をしっかり築けると、
摂食障害や学業不振、セックスや薬物の問題などで
悪影響を受けにくく、
学業面や結婚などでうまくいくケースが多いとのこと。
   
本書では、自信をもち心のバランスのとれた女性に育てるために、
父親が知っておくべきことを10章に分けて指南します。
強い父親の本質的な特徴とそれを身につける方法、
娘があらゆる面(薬物や飲酒、タバコ、セックス問題から
自尊心や男の子の気の引き方まで)で
いかに父親からヒントを得ているか、
なぜ、娘は文句を言いながらも父親に制限を設けてほしがるのか、
娘の「ヒーロー」になる方法となぜそれが必要か、
娘とのコミュニケーションのはかり方、
「放蕩娘」の真実など。
   
   
詳細は http://amzn.to/rodcDj  (米国アマゾンへ)
   
   
   
3.現役ママ(私)の印象
―――――――――――――
   

父と娘という限定的なテーマにもかかわらず
レビュー数が254もあって驚きました。
父親のバイブル的な存在のようです。
娘が何を見て求めているのか、
娘のサイドから知るには良さそうな本です(著者自身、娘です)。
圧倒的に父親のレビューが多かったのですが、
母親のレビューもありました。
夫を見る目が変わり、今までイライラしていたことでも、
この本を読んでからはありがたく思えるようになったとか。
   


こういう本を読むときっと、
私自身と父との関係を思い出したり考えたりすると思います。
自分が大人になった今、子どものころに抱いていた
「絶対に完全無欠」の父親像
が少しずつ変わってきているのを感じます。
この本を読んで、もし書かれている「あるべき姿」と
自分の父が大きく違っていたら、
落胆してしまうかもしれません。
それが怖くて、娘としてこの本を読むのはちょっとためらいます。
(でも結果的に、大きな不満もなく
平凡ながら幸せに人生を歩んでいることを思うと、
きっと良い影響を父から受けたのだろうし、
それほど怖がる必要はないかも)。

  
母親としては(父親向けに書かれていても)読んでみたいです。
特に「彼氏と付き合って1カ月もたっているのに
まだセックスしていなければ友達にからかわれる」
などというレビューを読むと、
現在小3の娘にはまだ早すぎる話でも、
そんな時代になっているのかとショックを受けました。
そんな問題はアメリカ特有で日本では心配ない
と思いたいところですが、昨今の日本のニュースでも、
10代の妊娠や、若い男女が赤ちゃんを生んで遺棄、
などという話はよく聞きます。
  
父親と娘。
どちらかというと疎遠になりそうな関係ですが、
本書はその距離をギュッとちぢめ、
娘の健全な幸せを実現するためのコツを伝授します。
米国アマゾンで絶大な支持を得ている本書は、
日米でティーン問題の程度に多少の違いはあっても、
一読の価値がありそうです。


 

2011.08.13 Saturday *** 親子関係 / 15:58 / comments(0) / trackbacks(0)


MORIの別サイト
NoBuli's Forest 〜ノブリの森〜
(いじめの加害者を作らない子育てをめざす会)



Nobuli's Forest~ノブリの森~

Archives
Comments
Sponsor
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search