<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.01 Monday *** - / / - / -


むかむかイライラ撃退法


 



1.書籍情報
◆━━━━━━━━━

【タイトル】
むかむかイライラ撃退法
(How to Take the Grrrr Out of Anger)

【著者】 Elizabeth Verdick, Marjorie Lisovskis

【発行年】2002年12月

【レビュー数・評価】37、★4.5

【アマゾンのサイト】
 (米国) http://amzn.to/U5Ed47


2.概要
◆━━━━━━━━━

怒りは生きている限りついてまわる自然な感情で、
避けることはできないし、押し殺すべきものでもない。
本書は怒りを感じたときにどうすればいいかを子供向けに指南する
自分や他人の中にある怒りに気づき、
状況やそのときの感情(孤独感や罪悪感、不満や不安など)を
コントロールする方法や、怒りの対応方法を、
ジョークやイラストを交えて教える。
また周りの人に怒られたときの助けの求め方や、
本書以外にサポートを得られる情報も掲載。
対象読者は小学校3年生以上。

【レビューより】

●子どもはもちろん、かんしゃくをコントロールする方法を
教えたいと思う親にもおすすめ。
怒りをコントロールする5つのステップ、
問題解決のスキル、怒った大人への接し方など、
実践的なアドバイスが満載。

●まだ小1なのに、学校で反抗して2週間で3回も
自宅謹慎させられた息子。
いっしょにこの本を読み、変化が見えた。
たとえば本にはこんなシーンがある。
「廊下を歩いていたら誰かがぶつかってきて、
君が持っていた本が落ちた。君は相手に何て言う?」
息子は「気を付けろよボケ!」。
でもその子は車いすに乗っているという設定だった。
そこで息子に「その子がデニス
(息子の学校の児童で、車いすに乗っている)だったら?」と
あらためて問うと、「そんなふうに怒鳴らないと思う」と。
本書が言うように、怒りをコントロールすることは可能であり、
怒るかどうかを決めるのは、ほかでもない自分なのだ、
他人が自分を怒らせることはできないのだ、ということを学んだ。


3.感想ほか
◆━━━━━━━━━

ビジネスの世界ではアンガー・マネジメントなんて言いますよね。
怒りのコントロール方法を習得してしまえば、
老若男女、人間関係に怖いものなし!と言う気がします。
本書は子供向けですが、子育て真っ最中の親として、
どんな方向に子どもを導くかを再確認するためにも
ぜひ読んでみたいと思います。
そういう意味では教育関係者にもおすすめの一冊になりそう。

昨年10月に発生した大津のいじめ事件がクローズアップされ、
学校関係者や親は、いじめに一層敏感にならざるを得なくなりました。
そもそも加害者がいなければいじめは起きません。
加害者は気に入らない出来事があるから怒りを感じ、
それを誰かにぶちまける。
そういう流れなら、怒りを上手に発散できれば、
いじめなんてしなくてすむと思うのです。

国がいじめ対策を講じたり
教育現場ではスクールカウンセラーを置いたり
道徳の授業をしたりして、
家庭外ではいじめ対策に乗り出してはいます。
でも肝心の家庭内で、
「いじめっ子を作らない」ことを意識した子育ては
なかなかなされていないと思います。
いじめっ子を作らないためには、
怒りの対処法を教えるだけではもちろん不十分ですが、
一つの具体的な手段として有効でしょう。
結果はすぐには表れないでしょうが、
家庭から親子で怒りの対処法を学び、
いずれそれがいじめ問題の減少につながれば、と切に願います。

怒りの対処法を学ぶならもっとたくさん本があるのですが、
米国アマゾンの子育て分野で「bully(いじめ)」という
単語で検索をすると、人気順でこの本が1番に出てきました。
子供向けだけれど(だからこそ面白そうだし)、
読んでみようかな〜。



JUGEMテーマ:洋書多読
2012.09.11 Tuesday *** コミュニケーション / 20:33 / comments(0) / trackbacks(0)


ママ友や先生とうまくやっていくコツ
JUGEMテーマ:洋書多読






1.書籍情報
◆━━━━━━━━━

【タイトル】
ママ友や先生とうまくやっていくコツ
(Queen Bee Moms & Kingpin Dads:
Dealing with the Difficult Parents in Your Child's Life)

【著者】
Rosalind Wiseman, Elizabeth Rapoport

【発行年】2007年1月


【レビュー数・評価】5、★は4

【アマゾンのサイト】
 (米国)http://amzn.to/MdJOXY
 (日本)http://amzn.to/LciX9C

2.概要
◆━━━━━━━━━

子どもが幼稚園や学校に行き始めると、親はわが子だけでなく
子どもの友達やその親、先生たちと関わることになり、
それが状況や相手によってはストレスの原因となる。
本書は、子どもを通じて出会いがちな困った大人に
どう対応すればよいかを教える指南書。

3.感想
◆━━━━━━━━━

私自身、3年ほどPTA本部役員をやり、
多くの保護者や先生に出会いました。
充実した日々だったのですが大変なこともあり、
ふとPTA本家のアメリカでは
親同士や学校との関係ってどうなんだろう?
と思って見つけたのがこの本でした。
 
概要には、親が直面するさまざまな困難に、
キレずに誠実に対応するコツを教える、と書かれています。
たとえばこういう場合。

・PTAや、学年初めの懇談会・保護者会が不安
・よその子、その親、先生、コーチなどと対立している
・父親が悪気なく、傍観者となっている
・子どもだけでなく親同士にもイジメがあるetc.
 
レビュー数は5つしかないので、
本の良しあしはあまり判断できないでしょうが、
低評価のレビューに寄せられた
辛口コメントには妙に共感しました(笑)。

そのレビューは
「私は失敗したらその経験から学んできたし、
これからもそれでいいと思う。
人はみな強みや弱みを持っているのだから、
その人なりに何とかやっていけるものじゃないか。
本で騒ぐほどの事じゃないだろう。
世の母親たちは、本当に本書に書いているように
いちいち人のことを気にしてるの?」
という趣旨。

これに対し、それこそ本書に出てくるような状況で
苦労したと思しき読者が反論しています。

「本書のような苦しい経験がないなら、
それをありがたく思うべき。
これからきっといろいろあるだろうから
今のうちに準備をしておいたら?」

「この本に出てくるような経験がないあなたには、
本書は必要ないかもしれない。
でも必要な人にとっては、この本はとても役に立つのだ。
実際子どもが絡むと、自分(自分の子)中心で困った親と
いうのはどこにでもいるものだ」

「上から目線だったり融通が利かなかったりという親と接して
嫌な思いをすることがある。
子どもを介しての人間関係は、
親自身が選んだ相手じゃないから大変なことが多い。
そういう状況でどうしたらいいか、この本は教えてくれる」など。

私もこういうコメントを読んで思わずうなずいてしまいました。
本書の冒頭部分にも、気まずくなった人と
目を合わさないようにしたり、
PTAへのプレッシャーを露骨に与えられたりと、
本当に身近な共通点が見えて面白かったです。
(日米で学校制度の違いはありますが)子どもを通じての
人間関係の大変さは同じなのだなと感じました。

実は、PTA三昧の日々を送っていたころ、
親同士や先生との人間関係について書かれた和書を
探したことがあったのですが見つかりませんでした。
そういう本は、ビジネスシーンを題材にしたもの、
教員向けのモンスターペアレンツ対応書、
一般向けの自分磨き本がほとんどでした。
本書のターゲットは子育て中の親で、
私はまさにそのターゲット。
文化の違いはあるけれど、ぜひ読んでみたいです。
  
  
  

2012.06.01 Friday *** コミュニケーション / 15:11 / comments(0) / trackbacks(0)


「心の知能指数を上げる方法」
JUGEMテーマ:洋書多読


1.タイトル
 ◆━━━━━━━━━

Emotional Intelligence 2.0 (心の知能指数を上げる方法【拙訳】)
 
2.概要
◆━━━━━━━━━

 心の知能指数(EQ)について今さら説明するまでもないだろう。
だがEQを理解していることと、
その使い方を心得ていることは別問題である。

本書では、
「自己の自覚」
「自己の制御」
「社会的自覚」
「他者との関係の制御」
という4つのカテゴリにおいてEQを上げるスキルを伝授する。
自分がどのカテゴリでEQを上げる必要があるか、
ということは、本書付属のEQテストを受ければ分かる。
著者は二人とも、EQテストで有名なTalentSmart社の創立者。
レビュー数は130、星の評価は4.3。


3.現役ママ(私)の印象
◆━━━━━━━━━━━━

心の知能がコミュニケーションの大きなカギを握る
というのはアマゾンで売れている本を眺めていても、
子育ての本を読んでいても何となく感じていました。
 
心の知能は、変化への我慢強さやストレスの管理はもちろん、
仕事でどれだけ稼げるかまでも(!)影響を与えるそうです。
確かに、家庭でも職場でも、子どもの学校関係の事柄も、
人間関係が常についてまわるので、
EQを高めて変化やストレスに強くなれば、
人生の質が高まると言えるのかもしれません。

さて本書にはEQテストの付録がついているようで、
これがとても好評です。
28問の問いに答えるのですが7分でできてしまうとのこと。
このテスト結果により自分が磨くべきEQのカテゴリが分かるそうです。
 
レビューの一つにこのようなものがありました。
テストを受けたら「自己の制御」が自分の弱点だと分かり、
そのカテゴリで提案されていた方法(正しく呼吸しよう)が
とても役立っている、という内容です。
本書は、「正しく呼吸しよう」と助言するだけでなく、
なぜそれが良いかについての説明があり
(呼吸が浅いと、落ち着いて集中するために
必要な酸素が十分脳に行きわたらない)、
とても説得力があるうえ、その効果も十分感じている、
と作者は書いていました。

EQはビジネス分野で取り上げられることが
多いように思いますが、専業主婦や子育て中の母親を
取り巻く環境でもとても重要です。
親子、兄弟姉妹、ママ友、学校や塾の先生、
PTA、地域内での付き合いなど、
悩みの種となりそうな人間関係はたくさんありますから。
そういう意味で、私のような主婦や母親にとっても
有意義な内容ではないかと思います。
実際、私もいろんな人間関係に恵まれて(?)
少しでもラクに、楽しく人と関われるのなら、
そのコツをぜひ知りたいと思いました。
フリーテスト、受けてみたいです(^^)
 
詳細は米国アマゾンのこちらへ。


2011.10.09 Sunday *** コミュニケーション / 20:46 / comments(0) / trackbacks(0)


「生まれた順番:あなたがあなたである理由」
JUGEMテーマ:洋書多読





1.タイトル
―――――――
The Birth Order Book: Why You Are the Way You Are
(生まれた順番:あなたがあなたである理由 【拙訳】)


2.概要
―――――――
生まれた順が性格や人生に大きく影響するようだ。
一番上(一人っ子)、真ん中、末っ子で共通した性格が見られ、
ひいてはそれがその子たちの結婚、仕事、人間関係にまで影響が及ぶ。

詳細は http://amzn.to/qSbC3X (米国アマゾンへ)

 

3.印象
―――――――
私は星占いや血液占いは全然信じないタイプなので、
この本を見つけたときは、「生まれた順? 本当?」と半信半疑でした。
でもレビューはほとんどが高評価ですし、
目次や序章を少し読むと、親子だけでなく
大人同士の人間関係にも役立ちそうな内容です。
子育て中の母親は、子育てはもちろん、
「ママ友」との人間関係に悩むこともよくありますから、
子育てとママ友関係に役立つ本、とくれば読みたくなります。


さらに私の場合(ほとんどの家庭で同じでしょうが)、
兄妹げんかは本当に毎日の頭痛の種です。
些細なことに、親の私が大人げなくイライラします。
なんでお兄ちゃんは、妹は……と、
それこそ夏休みなどの長期休みは、ちょっと憂鬱です
(もちろん仲良しのときもありますけれど)。


専門家(著者は有名な心理学者)がこんなふうに
「生まれた順番」という切り口で
子育て論を展開しているのは新鮮に感じました。
それに著者によると、生まれた順番と言っても、
純粋に順番だけで話がすむほど簡単なことじゃないらしく、
何だか人間関係のカギが隠されているような感じです。


生まれた順がその子にどんな影響を与えるかを
予備知識として役立てられたら、子どものためになるだろうし、
何より自分が、子どもや周りの人間に対して
楽に接せられるようになるかもしれません。






にほんブログ村 本ブログ 本情報へ  ← ぽちっとお願いします♪
にほんブログ村
2011.07.29 Friday *** コミュニケーション / 16:51 / comments(0) / trackbacks(0)


MORIの別サイト
NoBuli's Forest 〜ノブリの森〜
(いじめの加害者を作らない子育てをめざす会)



Nobuli's Forest~ノブリの森~

Archives
Comments
Sponsor
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search