<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.01 Monday *** - / / - / -


「子どもとしっかりつながっていよう」
 




1.書籍情報
◆━━━━━━━━━


【タイトル】
子どもとしっかりつながっていよう:
仲間より親との関係が大切な理由


(Hold On to Your Kids:
Why Parents Need to Matter More Than Peers )


【著者】Gordon Neufeld,  Gabor Mate M.D.



【発行年】2005年4月



【レビュー数・評価】70、★は4.5


【米国アマゾンのサイト】
http://amzn.to/pnbcF 


2.概要
◆━━━━━━━━━


思春期の子どもは、親より仲間中心にものごとを考える傾向がある。
善悪の価値感やアイデンティティ、行動規範などはすべて
親より仲間とのつながりを土台に形成される。
その結果、家族のきずなが過小評価され、
校風が殺伐とし、嫌悪感が生まれ、性問題も生じる。
こうした傾向は、学校でのいじめや子どもによる暴力行為等に
顕著に表れており、重大な青少年犯罪にまで
深刻化したケースもある
(コロンバイン高校銃乱射事件、
その8日後に起こったカナダアルバータ州の
W.R.マイヤーズ高校での事件など)。
本書ではこの若者の仲間達重視の傾向が
細かく記述され、議論されている。
問題の本質を理解すれば、解決策はおのずと見えてくる。



3.感想
◆━━━━━━━━━


私の息子はもうすぐ中学生になります。
先輩ママさんは、子どもが中学校に入ったとたん
何も話さなくなり、学校や友達のことがよくわからない、
とこぼしていました。
そういう話を聞くと、
うちの子は大丈夫と自分に言い聞かせてはいますが、
やはり友人関係が心配になってきます。


著者はカナダ社会を背景に本書を書いていますが、
日本でも若者を取り巻く環境には共通点があるように思えます。
ちょっと周りを見れば、夜遅くまでコンビニの前でたむろしたり
派手なメイクをして繁華街をうろついたりする若者がいます。
あまり健全とは思えません。


(本書の事例はやや極端であるとのレビューもありますが)
本書では「友達関係」対「親子関係」という構図で、
子育てが描かれているようです。
親子の絆の深め方をうたった本は多いですが、
友達関係と絡めて論じるのは興味深いと思いました。
「思春期に入ったんだから仕方がない」と
当たり前のように諦めるより、
積極的に上手にコミュニケーションを取れるようになりたいものです。
本書にはそのヒントが書いてあるのでしょう。
ぜひとも読んでみたい一冊です。



 

2012.03.18 Sunday *** 思春期の子育て / 19:49 / comments(0) / trackbacks(0)


スポンサーサイト
2013.04.01 Monday *** - / 19:49 / - / -


Comments
POST A COMMENT









Trackback URL
http://transmori.jugem.jp/trackback/13
Trackback
MORIの別サイト
NoBuli's Forest 〜ノブリの森〜
(いじめの加害者を作らない子育てをめざす会)



Nobuli's Forest~ノブリの森~

Archives
Comments
Sponsor
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search