<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.01 Monday *** - / / - / -


「無条件に愛する子育て」





1.書籍情報
2.概要
3.感想ほか
4.編集後記

   
  

1.書籍情報
◆━━━━━━━━━

【タイトル】
無条件に愛する子育て
(Unconditional Parenting)

【著者】 Alfie Kohn

【発行年】2006年3月

【レビュー数・評価】113、★4

【アマゾンのサイト】
 (米国) http://amzn.to/UHE5sQ
 (英国)http://amzn.to/WTrjwZ
 (日本)http://amzn.to/UHEtaS

   
  

2.概要
◆━━━━━━━━━

多くの子育て書は「どうすれば子どもが言うことを聞くか」
という視点で書かれているが、
本書は「子どもには何が必要か、どうすればそれを与えてやれるか」
という視点で書かれている。
そして「子どもに対して何かをする」のではなく
「子どもといっしょに取り組む」ためのアイディアが続く。
  
どの子にも「無条件に愛される」という根本的なニーズがある。
失敗したり上手にできなかったりしても、
受け入れてもらえるという確信が、子どもには必要なのだ。
しかし、従来の子育てでは、お仕置きやご褒美などの方法で
子どもに言うことをきかせようとするため、
子どもは、親を喜ばせたり感心させたりした時だけ
受け入れてもらえるのだ、と学んでしまう。
   
コーン氏は、「努力して親に認めてもらわねばならない」
と子どもが思いこむダメージについて述べている。
そういうメッセージが、多くの親の思いとは裏腹に、
一般的な子育てから発生してしまうのだ。
   
本書は、よくあるしつけの本とは違って、
親の考え方や感じ方、子どもへの対応の仕方に焦点を当てる。
今までは当たり前すぎて微塵も疑わなかった
子育ての「常識」に疑問を投げかける。
と同時に、「子どもに対して行動する」から
「子どもといっしょに行動する」へシフトするための
実践的なコツを紹介する。
褒めるのではなく、子どもの必要に合わせて
無条件にサポートする必要があると考え、
そのためにはどうすればいいかを伝授する。

   
  

3.感想
◆━━━━━━━━━

2006年に米国で出版されたこの本、当時はかなり売れていて、
出版されて半年後ぐらいに私も買いました。
6年たった今、米国アマゾンでの売り上げ順位は
さほど高くないですが、英国アマゾンの子育て分野では
なんと(約54000冊中)60番台に入っていました!
アメリカでのレビューの数は113もありますし、
再読してみたくなります。
実は買ったばかりのころは、ほかの本に目移りして、
ちゃんと読まなかったんですよね。

    
レビューをざっと見ると、本書は、 
「体罰・お仕置きはよくない、ご褒美や褒めすぎもよくない」
という考え方を深く掘り下げて、
読者にもあらためてそれらについて考えさせるような内容、
という印象を受けました。

    
体罰はやお仕置きはダメという子育ては、
最近では珍しくない(というか主流?)ですが、
それらを使わずに接しているかと問われると、疑問です。
もちろんあからさまな体罰でなくても、
お仕置きとして、おやつをナシにするとか
オモチャを取り上げるなんてことは多いのではないでしょうか。
私の場合は、言葉の暴力
(罵倒はしなくても、皮肉や批判はつい……)は、
すごく気になるところです。

    
ご褒美や褒め言葉の使い過ぎもダメだという
主張もよく目にします。
ご褒美がもらえないなら言うことをきかない、
と子どもに言われて困った親も多いでしょう。

     
普段の自分の子育てを振り返り、
本当に子どもにプラスになるよう、
接し方を変えていくことが重要なのは言うまでもありません。
でもそういう方向に意識を向けることは、
毎日ガミガミ言わざるを得ない状況にある親にとっては、
なかなか難しいものです。
本書がきっかけとなって、そのように気持ちを
向けられるようになったらいいなと思います。

     
    
    
4.編集後記
◆━━━━━━━━━

前記事からだいぶ日にちがたってしまい、申し訳ありません。
ずっと気になっていたので、年末の気ぜわしいときですが
更新しました(^^;)
    
先日、一つ企画を書いて、ある編集者の方にご案内をしました。
感想などは年明けに伺うことになっています。
どきどき〜♪
    

このブログを書き始めて、本を選びやすくなった気がします。
もちろんブログで取り上げた本を企画にする場合もあれば
それ以外の本を企画にする場合もあります。

   
今年は企画を3つ書きました。
これって多いのか少ないのか……?
私のこれまでの経験を考えると、多い……ほうかも。
なんせじっくり読まないとまとめられないので
本当に時間がかかります。
もう少しスピードアップしたくて、
流行りの速読とかやってみるのですが、
なかなかうまくいきません。

   
速読で得た大まかな内容は、
あらましを書くにはいいのですが、
類書と比較検討するときは、もう少し詳しく
分かっていないと難しいです。

   
来年はどうなるかな?
最低3つは書いてご案内できるよう、頑張ります!(^^)
   
   
 

ご訪問くださるみなさま、
こんな不定期なブログですが、今年一年、
読んでくださってありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。
   
    
   

2012.12.27 Thursday *** 子育て全般 / 15:05 / comments(0) / trackbacks(0)


スポンサーサイト
2013.04.01 Monday *** - / 15:05 / - / -


Comments
POST A COMMENT









Trackback URL
http://transmori.jugem.jp/trackback/24
Trackback
MORIの別サイト
NoBuli's Forest 〜ノブリの森〜
(いじめの加害者を作らない子育てをめざす会)



Nobuli's Forest~ノブリの森~

Archives
Comments
Sponsor
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search